にきび跡クレーター

どのような特徴が、にきび跡クレーターにはあるのでしょうか。

 

傷跡や色素沈着や肌の凸凹がずっと、にきびができた部分に残ってしまう場合があります。

 

症状は色々あるようで、赤くシミになって残ったり、月面のようなクレーターになったりします。

 

にきび跡のクレーターを気にしている人は多いようです。

 

時間の経過と共に改善すればまだいいのですが、ものによっては一生そのままということもあります。

 

にきび跡のクレーターに関係しているのが、にきびの影響が肌のどのくらいの深さまで及んでいたかということです。

 

にきび跡によるダメージが角質層より深く真皮層にまで届いてしまうと肌の再生が追いつかず、クレーターとなって残ってしまいがちです。

 

何が原因で、大人ニキビや、ニキビ跡のダメージが深くまで及ぶことになるのでしょうか。

 

にきびのケアを怠ったことや、にきびを潰してしまったり、ストレスや不摂生でにきびの悪化を促進したことがあります。

 

1度潰れたにきびが再び化膿してしまうので、得に良くないことはにきびを潰すことです。

 

繰り返しにきびを潰してしまうと奥深くまで肌が傷つき、にきび跡クレーターになりやすいといえるでしょう。

 

万が一にきびができたら放っておいてもいけませんし、荒っぽい手段を取ってもいけません。

 

大切なことは適切なケアをするということです。

 

ニキビ薬などに頼らず、にきびができにくい肌を維持することで、にきび跡クレーターを防ぐことができますので、普段からきちんとスキンケアをするようにしましょう。

Copyright © 2009 部分染めもできるヘアカラー | 髪に優しい白髪染め All Rights Reserved.